うえの病院について

専門センター・部門紹介

専門センター

当院には3つの専門センターがあります。
専門の看護師が患者様お一人おひとりに個別対応しますので、それぞれの症状をじっくり伺い、ご質問にお答えすることも可能です。地域の皆様のための病院でありながらも、高度で専門的な治療、手術が行えるように邁進しています。

胆石症

センター長 病院長 田上和夫
早期退院できるよう、身体への負担が軽く回復が早い手術を行っています。

ソケイヘルニア
(脱腸)センター

センター長 病院長 田上和夫
脱腸は手術で治ります。内視鏡による高度な手術で回復も早いので一度ご受診ください。

肛門病
(痔)センター

センター長 診療部長 金澤 昌満
痔は多種多様、治療には高い専門性が求められ、治療法も日々進歩しています。最新の治療も行っていきます。

部門紹介

  • 外来
  • 外 来

    外来では、来院された患者様の苦痛を早く緩和できるよう丁寧に対応することを心掛けております。
    当院のかかりつけで、定期的に通院をなさっている患者様にはできる限り病状を把握し、少しでも気持ち良く生活していただけるように、当院内でも気持ち良くお過ごしいただけるように、お声がけを心がけています。

    症状によっては緊急処置や即時検査が行われる場合もありますが、落ち着いた対応を心がけております。
    どんな小さな症状でも一度ご受診され、看護師にもお気軽にご相談ください。

    また、内視鏡専門看護師もおりますので、検査等のご不安はどうぞご相談ください。痔でお悩みの方も専門医による診療を行っており、若い方や女性の方も多く来院されています。お気軽にご相談ください。

  • 透析室
  • 透析室

    午前の診療時間では入院中の患者様、夜間の診療時間では日中の勤務を終えて来院の患者様を中心に透析を行っています。

    高度医療機器を導入し、最先端医学に対応した質の高い技術と真心を込めた透析治療を提供しています。

    また、患者様へ心のこもった医療と、ゆったりリラックスして透析を受けていただくやすらぎの空間づくりに努めています。

  • リハビリテーション室
  • リハビリテーション室

    リハビリテーション室は、理学療法士5名、言語聴覚士3名とリハビリ助手1名の計9名で業務を行っています。1階フロアの一番奥に位置しているリハビリテーション室は、太陽の日差しが差し込む明るい空間となっています。患者の皆様が治療に専念できるように、清潔で快適な環境作りをスタッフ全員で心がけています。

    骨折、靭帯損傷、関節の変性疾患、胃腸疾患の術後、血液透析に伴う合併症の患者様方に、入院、外来通院によるリハビリテーションを提供しております。
    リハビリテーションに関するご質問も、一本杖の購入、調整、杖先ゴムの交換などいつでもお気軽にご相談ください。

  • 放射線
  • 放射線

    当院では、検査機器の全てをデジタル化しており、撮影が終わると直ちに主治医が画像を確認できるようにPACS(パックス)を導入しております。

    PACSとはCT・DR・レントゲン画像などの医療用画像データをネットワークでやりとりすることであり、検査終了後、直ちに画像をモニターで見る事ができ、患者様の待ち時間短縮に繋がるよう努めています。

    最新の設備と精密な情報で、医師の迅速で正確な診断を助けます。そして患者様へ検査への不安を取り除いていけるような検査環境を提供しております。

  • 手術室
  • 手術室

    当院では、お腹に大きな傷をつくらず、小さな傷で身体への負担も少なく、手術後の快復も早い腹腔鏡手術が主流に行われています。

    悪性腫瘍(胃がん、大腸がん、直腸がん、胆嚢がんなど)、胆石症、虫垂炎、痔核、痔瘻、鼡径ヘルニアなど様々な手術を、遠い病院までいかずともお住まいの近くで高度な医療を提供できるようにとスタッフ一同がんばっています。

    また手術室スタッフは、患者様にリラックスいただけるよう手術中に音楽を流す試みを行っています。患者様のリクエストにもお応えしていますので、手術前にお声がけください。

  • 手術室
  • 病棟

    病棟スタッフは、入院中の皆様の術後の疼痛緩和や異常の早期発見に努め、安全で安心できる看護を目指しています。術後のリハビリの早期開始で患者様が少しでも早く元の生活に戻れることも目標のひとつです。

    手術・検査・治療などで不安や苦痛を感じることがないよう、その瞬間瞬間で患者様の支えとなり、誠実な対応を行い、少しでも快適な入院生活が送れる様に日々努めております。患者様の社会復帰促進の手助けとなれるよう、力強い看護を提供します。そして、お一人おひとりの患者様の声に耳を傾けるゆとりを持った看護師を目指します。

  • 薬局
  • 薬局

    調剤室の主な業務は入院患者様に処方されたお薬の調剤です。
    新薬の登場や薬物治療の進歩などにより、お薬の種類や服用方法は多様化しています。
    複数のお薬について併用可否の確認、効果的な服用方法や服用しやすいお薬の剤形の提案など、患者様にとってより適正・効果的で安全な薬物治療の提供を心掛けています。

    患者様の満足度向上を目標に、各種研修会や学会等へ積極的に参加し日々研鑽を重ねています。

    お薬についての疑問や不安に感じる点などがございましたら、些細なことでも結構ですのでどうぞお気軽にご相談ください。

  • 栄養課
  • 栄養課

    栄養課では患者様に安心・安全でおいしい食事を召し上がっていただけるよう日々努めています。

    <お食事について>
    温冷配膳車の利用により、温かい料理は温かく冷たい料理は冷たい状態で召し上がって頂けます。また毎週金曜日の昼食時に行っている「焼きたてパンの日」には当日厨房で焼いた焼き立てのパンの中からお好きなものを選んで召し上がっていただけます。入院患者様にはとても喜んでいただいております。(※病態により制限があります) その他にも、季節に応じた行事食の提供も行っております。

    <栄養管理について>
    医師の指示のもと入院・外来ともに個別対応にて栄養食事相談・指導を行っています。外来患者様につきましては予約制ですので、外来スタッフへお尋ねください。入院患者様には、退院時に必要に応じて退院後の生活やお食事についてのお話をさせて頂いております。ご希望の方は病棟のスタッフまでお声がけください。 入院中は管理栄養士がベッドサイドへ訪問をし、栄養状況を把握しています。また、嗜好やアレルギーの対応、食欲不振時のご要望等についてもお話を伺い、患者様の状態に合わせた食事提供ができるよう努めています。

  • 医事課
  • 医事課

    医事課は、外来診療の受付、窓口業務をはじめ会計や保険請求等の業務を行っています。
    受付は、患者様が最初と最後に接する病院の窓口ですので、患者様にいつも安心感を与え、笑顔でハッキリした対応を行うようスタッフ一同心がけています。 ご遠慮なくお気軽にお声がけくださいませ。