各種検査・ご予約

画像検査・画像診断

当院の検査機器は全てデジタル化されており、撮影が終わると直ちに主治医が画像を確認できるようにPACS(パックス)を導入しております。PACS(Picture Archiving and Communication System)とはCT・DR・レントゲン画像などの医療用画像データをネットワークでやりとりすることを言います。検査終了後、直ちに画像をモニターで見る事ができ、患者様の待ち時間短縮に繋がるよう努めています。

最新の設備と精密な情報で、医師の迅速で正確な診断を助け、そして患者様へ検査への不安を取り除いていけるような検査環境を提供しております。

CR(Computed Radiography)装置

CR装置とはX線検出器として従来のフィルムに代わりイメージングプレート(IP)を使用し、IP上に蓄積されたX線画像情報を読み取り、画像処理を行う装置です。
デジタル画像処理の効果により、診断能の高い見やすいX線画像が得られるだけでなく、より迅速で被ばくの少ない画像の提供が可能となります。

CT(コンピュータ断層撮影)

  • 当院ではCT検査に最も力を入れており、従来の4列CTから最新全身用16列マルチスライスCTに更新しました。

    16列マルチスライスCTを導入した事で『より薄く、より速く、より正確な』精密検査が可能となりました。

また、マルチスライス技術により得られる高精細画像を最大限に活用よる為に画像処理専用ワークステーションも同時に導入しました。

16列マルチスライスCT

16列マルチスライスCT

ワークステーションを用いる事で、邪魔な骨や臓器を取り除き、任意の方向から観察が可能となり、レントゲン写真では解りにくい骨折や腹部血管走行の3D画像および手術前のシュミレーションが行え診断能が飛躍的に向上します。

また、被ばく線量低減にも努めております。

DR(デジタル透視撮影装置)

DR装置とは、X線テレビ装置で撮影した画像をコンピュータで処理記憶し、高精細な画像を表示できる装置です。
当院では消化管(食道・胃・小腸・大腸等)の検査をはじめ、 肝・胆・膵の検査(ERCP)も積極的に行っております。臓器の状態をリアルタイムに観察できるため、わずかな変化や病変を見逃しません。